忍者ブログ
バサラブックス -本・古本・買取り・マンガ・出張買取・サブカル・吉祥寺-
[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13
necktumor2.jpg









【雑記】
■何とか、神保町はダイバーで本日始まる、
ふるぽん秘境めぐりby四九発駆(しくはっく)会に、本を納品できた。
幼少時代から、締め切りや期日が、ギリギリにならないと動き始めない。
最近は知恵をつけて、各々の仕事の締め切りを計算し、上手くスケジュールをたてる事を覚えた。

【画像】【グロ】
 ち●ぽ病 奇病その詳細。
いやな気分になるので見ちゃいけない 

【イベント】
■2月27日(火)~5月27日(水) コロコロアニメ歴史展 in 杉並アニメーションミュージアム
小学生の頃、少年の多くは、<コロコロ>派と<ボンボン>派に分かれていた。
二つの違いに関しては考えることが多々あるのだが、機会があったら考えを垂れ流します。
因みに、自分は<ムー>派でした。

そうそう肝心の、コロコロアニメ歴史展ですが、
毎日先着30名には、「限定ポスター」と「ドラえもんポケットティッシュ」をプレゼント中。
イベント中旬に差し掛かる、今がねらい目!!!

【イベント】
「北斗の拳」ラオウを3000人が葬送…葬儀委員長は谷村新司
単なる宣伝。仕掛けているのは企業。
こういう糞なイベント(ラオウの声優の宇梶剛士先輩は除く)が俗に言う「サブカル」。
<面白さ>の<ものさし>持たない人向けの仕掛け。

メディアミックスだってははははは。
※参考 力石徹の葬儀は天井桟敷が「仕掛けた」もの。

【一般】
「爆弾製造指導」の情報…菊村元受刑者を今夕逮捕、追及へ
いまだ日本には幽霊が出る、革命という幽霊である。

ところで、連合赤軍つながりで話が変わるが、
山本直樹の「RED」だが、高橋伴明監督『光の雨』と同じく
「羽田空港突入事件」で始まるのはご愛嬌。
コミック化で完結した際には、ぜひまとめて読みたい。

オウム真理教を参考にしたと思われる「ビリーバーズ」も傑作だったし、
時代や事件を下敷にして、祭り→祭りの後の閉塞感・空虚感を書かせたら、
この人を上回る漫画家はいないのではないか。

革命が遠く砂漠の国でも死んでしまった現代に、
山本直樹という才能を読める幸せを噛締めたい。

【本】
■先日読んだ本 私戯曲  著者:ケラリーノ・サンドロヴィッチ ※絶版
何だかんだいっても、男は父親の影響を受ける。
反面教師という意味も含めて。

ところで、ケラさんなんだが、改めて云うまでも無く、
80年代の「サブカルチャー」最重要人物の一人。
ナゴムから、電気イカ天に進んだ人も多いと思う。

【雑記】
■80年代前後の「サブカルチャー」は、稀に洪水を起こす消費文化のいわば傍流。
90年代以降「サブカルチャー」はさらに文流して、「サブカル」と「オタク」を生み出す。
「サブカル」と「オタク」の大多数は消費文化のいわば下水処理場。流れ込むだけ。

今、最も興味深いのが内ゲバしている「サブカル」と「オタク」の中や周辺を、
自律的・他律的に行き来できる文化や作品。消費文化に洪水を起こせるモノ。
大衆的で、自由で、暴力的で、反抗的で、
これが後のバサラカルチャーですよ。

【店】
極北の本屋 どどいつ文庫 ※参考 訪問記はコチラ
かつて「屋根裏」というサイト(現在はコチラコチラに移動)で、
知って以来の自分が憧れの一つにしている本屋の一軒。

「屋根裏」さんや「どどいつ文庫」に関しては考えている事、
感じる事は多々あるのだけれども、いまだ上手くまとめていないので、
いつかココで書けたらいいなと思う。
お二人とも面識は無いのだけれども、スゴイ人たちです。必見。

【雑記】
■このブログは自分が発狂しないために、
考えや感じたことを垂れ流し、
肥やしを作る場所でもあります。
臭さに辟易するようでしたら。
すいませんとしかいえません。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
      朔太郎じゃないよ恭次郎だよ HOME      明日の準備が      
ツイッター
告知欄

①特に以下の本は販売金額の3~5割で買い取ります。
※詳しい価格が知りたい方はお手数ですがお電話下さい。
※出張買取も承ります。
0422-47-3764(担当)内野

月曜定休

営業時間

平日13:00~23:30

土日祝10:00~23:30

※レジ中は電話に出る事が出来ない場合もございます。

マンガ・・・安部慎一、天久聖一、五十嵐大介、いましろたかし、上村一夫、菅野修、杉浦茂、鈴木翁二、鈴木漁生、滝田ゆう、タナカカツキ、谷岡ヤスジ、つげ忠男、つげ義春、東陽片岡、西岡兄妹、根本敬、杉作J太郎、花輪和一、早見純、ふくしま政美、漫画太郎、宮谷一彦、佐々木マキ

・また、以下の本は販売金額の3~5割目安で買い取ります。

単行本・・・みすず書房、法政大学出版などの現代思想、海外文学、近現代日本文学、モダン古書周辺。

芸術・・・絶版写真集、モンド・電子音楽関係、映画に関する単行本

文庫本・・・福武文庫、河出文庫、講談社文芸文庫、ちくま文庫、中公文庫、ちくま学芸文庫、平凡社ライブラリー※品切文庫は特に高額買取

以上、長々と失礼しました。
店舗情報
693b8621.gif




180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目-5-2 吉祥寺サウスビル101 TEL:0422-47-3764 営業時間 13:00-23:30 月曜日定休(月曜日が祝日の際は、翌火曜日がお休みになります。)
※接客中の場合、直ぐに電話に、出られないことがございます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[11/29 バサラブックス 内野]
[11/29 山口]
[10/29 鈴木衛]
[01/01 髙橋秀昭]
[08/11 石川]
バーコード
その他

個人情報の取扱いについて

特定商取引法に基づく表記

東京都公安委員会許可第308920606496号

Copyright(c) 2007 BASARA BOOKS. All Rights Reserved.

点取り占い
駄菓子屋みたいな古本屋を目指してます。
点取り占いブログパーツ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]